丸ヨ建設工業株式会社求人サイト

丸ヨ建設 岡崎本社周辺のご紹介


本社周辺のご紹介:桜城橋

 

以前ご紹介した岡崎城のすぐ近くにあります、

令和2年3月に完成した桜城橋(さくらのしろばし)です。

東岡崎駅の方から、北にある籠田公園へ向かって架かる歩行者専用の橋です。

 

 

 

桜城橋は、全長121.5m、幅19m(有効幅員16m)、広さ2,000平米の広大な橋です。

歩行者がゆったりと景観を楽しめるように、表面には岡崎額田地区産の木材が使われており、

ヒノキの香る落ち着いた空間になっています。

桜城橋という名前は、「桜の名所である岡崎城を『桜の城』と例え、

新しい橋から見える」ということで、公募で集まった4,000件を超える候補の中から選ばれたそうです。

夜になるとライトアップされ、水面に映る幻想的な風景が見られます。

 

桜城橋から籠田公園へ向かう途中には、本多忠勝の像と酒井忠次の像があります。

本多忠勝の像は、殿を務めて武田軍を食い止めた勇姿が、

酒井忠次の像は、櫓の上で味方を鼓舞した姿が、それぞれの逸話を元に再現されています。

徳川四天王の石像が置かれる予定ですが、撮影時はまだ工事中でした。

 

 

 

昨日行われた、東京オリンピック2020の聖火リレーの岡崎ルートは、

この桜城橋が到着場所になっていましたので、中継でご覧になった方もいるのではないでしょうか。

橋そのものは完成しましたが、今後もイベント会場として使用したり、飲食店が出店したりする、

橋上の公園としての整備が順次行われる予定となっています。

 

岡崎の新しい観光スポットです。皆様もぜひ見に行ってみてください。

 

 

新卒・中途(キャリア)採用情報

丸ヨ建設の採用のお知らせ

関連サイト一覧