丸ヨ建設工業株式会社求人サイト

働く人を知る

丸ヨ建設がどんな会社なのか?
それは働いている人(先輩)の声を聞くのが一番。
部署も多く、さまざまな人が働いています。
先輩の声を聞けば、自分が実際に働いたときのことを想像しやすいでしょう。

先輩の声

工事部・現場監督

工事部 主任筒井 巧真

スタッフみんなが楽しく、安全に仕事ができるように配慮し、街のシンボルを力を合わせて造っています。

常日頃から思いやりを持って仕事に取りくむ

1.安全管理

工事現場を事故の無い安全な状態を保ちつつ、事故を未然に防ぐ業務です。作業内容に応じた設備を設置・維持管理して、作業員同士が安全に作業を行えるように作業範囲を計画して、最後まで管理するのが安全管理です。

それぞれの作業において何が危険か、何が事故に繋がるかを予測し、注意喚起することも重要です。工事現場での事故は作業員の不注意や、連携不足、設備の不備によって起こる事が大半ですから、そういったことの無いように事前に打ち合わせをすれば、事故はほとんど回避できます。

2.予算管理

それぞれの作業に対する金額を事前に決めて明確にし、工事金額内で全ての作業が終われるよう管理する業務です。工事は、最初にお客様と結んだ契約の予算内で工事をしなければなりませんが、私たちは企業として利益も出さなければなりません。

ですので、その予算から利益を引いた金額で工事をします。誰でも自分の家を建てる時は、安く建てたいと思っています。しかし昨今の建設業界はその価格競争が激しく、金銭的に余裕がある訳ではありませんので、しっかりとした協力業者さんとの事前の打ち合わせが重要です。

3.工程管理

大きく分けて、作業工程の計画、施工図の作成、お客様や設計事務所さんとの打ち合わせの3つとなります。作業工程の計画とは、最初に決められた工事期間に対して、全体工程表を作成してその通りに現場を進めることです。各作業を何日で終わらせなければならないか、何日程度かかるかを、協力業者さんと慎重に検討し作成します。

また、前後する作業を考慮して作成するので、作業内容を細部まで把握している必要があります。施工図の作成とは、工事開始時に貰う設計図面には、法的な事柄や建物の大まかな寸法などが記載されています。その設計図を元に、詳細まで数値化した施工図を書きます。

施工図も作業内容を把握しなければ書けませんし、法的にも、建物の見た目にも影響するので、お客様や設計事務所さんとの打ち合わせも重要となってきます。お客様や設計事務所さんとの打ち合わせは、建物の位置を施主様と確認することから始まり、設計監理者の承認や、内装をお客様と決めていくなど、多岐に渡ります。それらの未決定な部分を明確にしたり、承認を貰ったりすることで初めて工事を進めることができます。

4.品質管理

1から3の内容を全て計画通りに行えているか、行えていないならば、どのようにしたら良いかを、考え、解決していくことを言います。

決めたことが思い通りになった時に、とてもやりがいを感じます

新卒・中途(キャリア)採用情報

丸ヨ建設の採用のお知らせ

関連サイト一覧