社員研修(TRAINING)

丸ヨ建設の社員研修

丸ヨ建設では、様々な勉強会や研修会を開催しています。

若手の新入社員は、外部の接遇マナー研修に参加して頂きます。
「社会人とは?」をしっかりと外部のプロから学んで頂きます。
社会人の心構え、社会人らしい考え方、社会人らしい行動を勉強して頂き、これからの社会人としての一歩を踏み出していただきます。

入社して1年目~3年目までの現場監督には・・・

1年に1度、自動車講習を実施しています。
入社前に自動車の免許を取り、家から工事現場まで運転する方が多いのですが、通勤中の事故が増えています。
そのため、免許は取得されていますが、改めて自動車の教習所に行って、現在のご自身の運転技術を確認して頂いています。

現場監督の勉強会では、若手の現場監督を主体に考慮された勉強会を月に1度、開催しています。
年末に、翌年の勉強会の概ねの主旨を、上役の現場監督で話し合い決定します。

そして、各月の勉強内容と担当者を決定し、翌年、その勉強会が開催されていきます。
1年間、若手の現場監督と一緒に仕事し、今現在、若手現場監督に足りないこと、必要な内容を皆で打ち合わせしていきます。

こうして、毎年の現場監督の勉強会が成り立っています。

営業部の勉強会

W0RKSHOP

営業部の勉強会は・・・

月に1度の営業会議と一緒に実施されています。
営業の会議内容以外に、毎月1名の持ち回りで、お客様の為になる話・メリットのある内容や、お得情報など、各自でお題を考え、発表しています。

営業部の皆の勉強になるだけでなく、お客様にとっても必要な情報や話題になるような勉強会を心掛けています。
例えば、消費税が増税する際には、
いつまでに、契約をしておかなければならないか?
建物は、いつまでに完成していなければならないか?
などです。

必要な情報は、その時その時に、変わることも多々ありますので、その月の担当者は、自分の担当月までに、自分の決めたお題に対して、専門家に聞いたり、ネットで調べたり、協力会社の方に教えて頂いたりして、営業マン全員に発表します。

丸ヨ建設の営業マン全員が、新たな情報を皆で共有し、常にお客様のお役にたてる努力をしています。

12月は全職員での勉強会

12月の勉強会は、全職員が集まって勉強会を行っています。
社長プレゼンツとして、外部のプロの講師をお招きして、勉強会を開催しています。
その年の流行っている内容や、知っていてほしいことなど、毎年、講師が変わり、皆で社内交流を兼ねながら、楽しく勉強しています。

 今までには、接遇マナー研修、孔子の易学、適正検査、名前の意味合いについて、速読・楽読などを実施しました。会社を離れて、図書館交流プラザ りぶらにて、ヨガを体験した年もありました。

社員研修をする理由

EMPLOYEE TRAINING

なぜ、丸ヨ建設では社員研修を実施しているのか?

丸ヨ建設では、なぜ職員の勉強会やセミナーを実施しているかといいますと、各々の仕事において、しっかりと勉強して、毎日の仕事に役立てたり、必要な事の補助になったりしてほしいという想いがあるからです。

建築の仕事も、建物の図面はドラフターを用いて鉛筆で書いていたのが、今現在では、CADソフトを使い、パソコンを使って図面作成をするのが当り前になっています。

1日1日で、世界は徐々に変わっています。毎日、勉強ばかりしていたのでは、仕事が出来なくなってしまいますので、月に1度の勉強会開催が程良いと、当社では判断し、今現在のペースにて、各々の部署にて勉強会を開催しています。

毎月の勉強会は先輩社員が若手社員に教えることで、教える側も自分の知識や技術の再確認になりますし、職員が自分で考える力がつくと考えています。
12月の勉強会は、普段テレビを見ない・見られない人にも、世の中の流行や面白いことを知ってもらって、何かの気づきの入り口にしたり、生活を豊かにするきっかけになったりしてほしいと考えています。

外部のプロの講師を招いての勉強会を12月だけにしているのは、外からの意見や意識を取り入れることも大切ですが、あまり入れすぎると会社の風土が崩れてしまうからです。

若手は特に、目の前の仕事で精一杯で、自分のことですら、振り返る時間が無い場合も多いので、ゆっくり考える時間として使ってもらえたらと思っています。

今後も、職員の意見を取り入れて改善しつつ、交流の場として、考える場として、知識の再確認や勉強の場としての研修・勉強会を職員に提供していきます。

実際の研修後のコメント

(新入社員研修)
社会に出たら当たり前と言われてしまうような事も、本当は知らないと出来ません。
分からないことだらけのまま、業務だけ教わっていたら、言われた事しか出来なかったかもしれません。
ですから、社会人とは何かをきちんと学べる場があるのは、とても嬉しかったです。

(工事部勉強会)
現場では期限があるので、詳しく聞けない事もありますから、掘り下げて聞く事が出来るのは助かります。
実際に、勉強会で学んだ事を、作業員の方に聞かれて、きちんと答えることが出来ました。

(営業部勉強会)
月に一度の気を引き締める場だと思っています。
なかなか新しい技能として取り入れるのは難しいですが、勉強会で知る前は、つい忘れてしまいがちだったことを意識するようになりました。

(12月勉強会)
なかなか別の現場に出ている人と交流するのは難しいですが、全職員が集まる勉強会なので、普段話せない方と交流出来たり、共通の話題として話したり出来る機会だと思います。

また、勉強会の内容全てを、仕事や私生活に反映することは出来ませんが、興味を持つきっかけになったこともあります。

新卒・中途採用のエントリーはこちらより

応募エントリーはこちら>